美しさを維持するイソフラボン

大豆イソフラボンには、たくさんの女性に嬉しい効果があることで知られている。

まず、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをすることで有名だ。
女性は男性に比べて不調な時期が繰り返し起こったり、体調や精神が乱れやすかったりするが、それは、女性ホルモンが大きく影響している。
女性の体はエストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンの働きによってコントロールされている。
これらの2つのホルモンは、一定の周期でそれぞれの分泌量のバランスを変えながら、女性の体と心に作用している。
中でのエストロゲンは、女性らしさを作るホルモンで、自律神経、感情の働き、骨、皮膚、脳の働きにも大きく影響している。

女性ホルモンが不足すると、皮膚においては、ヒアルロン酸やコラーゲンの合成力が低下し、肌の弾力が低下、肌は女性らしさを失っていく。
また、新陳代謝の機能が低下し、しみや色素沈着が起きやすくなり、男性ホルモンが過剰になる。
体毛が濃くなったりする他、皮脂の分泌が増えるため、にきび、湿疹、ふけ、油性皮膚、脱毛症が起きやすくなる。
イソフラボンを摂取することで、ヒアルロン酸やコラーゲンの合成を促し、張りのある肌を保つことが出来る。
最近では、イソフラボン配合の化粧品なども売っており、肌に直接塗ることで、イソフラボンを接種することもできる。

また、体の外側だけではなく、内側からイソフラボンを接種することで、美しさを維持することも可能だ。
エストロゲンには、肌の新陳代謝を促進するほか、骨を丈夫にしたり、コレステロール値を抑え、動脈硬化を防いだり、女性らいしい体を作ることができ、自律神経を安定させる働きなどもある。

その他、女性特有の病気である乳がんや前立腺がん、卵巣がんなどの予防としてもイソフラボンの接種は有効である。
このように、イソフラボンの特徴を最大限利用して、体の外からも中からも接種することで、美しさを維持することが出来るのである。

↓人気のイソフラボンサプリメント