イソフラボンを種類と効果から分析

大豆イソフラボンは、私達の日常生活でも慣れ親しんだ成分であり、よく耳にする成分でおり、それらを含んだ健康食品や化粧品、食品など、よく市場に出回っているため、手に入れやすい。
そもそも、イソフラボンとは、大豆に含まれているポリフェノールの一種で、その含有量は大豆1粒に対してわずか0.2~0.3%ほどの非常に貴重な成分である。
ポリフェノールと言えば、ワインに含まれていることで有名だが、ワインだけではなく植物に含まれる色素や苦味、渋み、あくなどの成分で、健康づくりや美容のために、とても大切な成分である。
現代の日本人は、欧米スタイルへの食生活の変化が原因で、味噌、豆腐、納豆などの大豆食品の摂取が減っているため、その摂取量は減ってきている。

イソフラボンには、2種類存在する。
グリコシド型は、納豆・豆腐・きなこなどといった一般的な大豆製品に含まれており、そのままの形をしたものである。
グリコシド型は、糖がついたまま体内に入ってくるため、胃では吸収されない。
腸内に入り、腸内最近の酵素で分解され、初めて糖が外れる。
この糖が外れないと体内に吸収されないのである。

一方で、アグリコン型は、既に糖が外れた状態で体内に入ってくるため、胃や小腸からどんどん吸収されるのである。
グリコシド型のイソフラボンは、糖が外れるまでに時間がかかるため、体内に吸収されるのは2割ほどと言われている。
残り8割は体外へ排出されてしまう。
アグリコン型のイソフラボンは、グリコシド型に比べて約3倍も吸収力が良いとされている。

イソフラボンはPMS緩和、更年期障害の緩和、骨粗鬆症の予防、循環器系疾患の予防、美肌効果などが期待される。
アグリコン型は味噌や醤油に含まれている。
味噌汁を飲む習慣をつけることで、アグリコン型を摂取することが出来る。
食品から摂取することが難しい場合、アグリコン型のサプリメントを利用すると良いだろう。
イソフラボンを摂取し、美容と健康を手に入れたい。

↓バスとアップに効果的なイソフラボン