イソフラボンの健康食品

肉食を中心とした欧米型の食生活に偏り始めている現代の日本。
その影響もあり、生活習慣病にかかる日本人が増えてきている。
生活習慣病は、食生活や運動習慣、ストレスなどの生活習慣が原因で引き起こる病気で、主に高血圧、糖尿病、脂質異常などが挙げられる。

生活習慣病はいずれも痛みなどの自覚症状がほとんどないため、気がつかない人や放置して治療しない人が多い。
しかし、生活習慣病を放置してくことで、心筋梗塞や脳梗塞などのリスクが急増し、気づいた頃にはもう手遅れということになりかねない。
だからこそ、しっかりと予防と改善を心がける必要がある。

大豆イソフラボンには、血圧の上昇を抑え、血中コレステロールを抑える働きがあることで注目されている。
特にイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがあるため、女性に疾患者が多いとされている骨粗鬆症や乳がん、卵巣がん、大腸がんなどを予防してくれる。
また、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成を助けてくれるため、美肌効果http://www.thesoydaily.com/i005.htmlも期待される。

イソフラボンは1日に約75mgを毎日継続的に接種することが推奨されている。
イソフラボンは大豆を使った加工食品にはほとんど含まれているが、原料である大豆の種類や加工方法の違いからその含有量は異なってくる。
納豆だけであれば2パック、豆腐だけなら1丁が摂取の目安である。
できれば、食生活に大豆製品を取り入れ、自然な形で継続的に摂取したいが、なかなか摂取出来ない人は、イソフラボンを含んでいる健康食品を食事と一緒に摂ることをオススメする。

中でも気軽に摂取することが出来るのがサプリメントである。
しかし、一言にサプリメントと言っても、種類は様々。
イソフラボンだけではなく、様々な栄養素が配合されている。
購入する際には、イソフラボンの含有量に注意したい。
現在では、イソフラボンを含んでいる健康食品がたくさん出回っているので、その人に合った形で、継続的に摂取したい。