バストアップクリームに配合イソフラボン

女性であれば、誰もが羨むバストアップ。
年齢を重ねると共に胸の垂れ下がりに悩む女性も多いだろう。

胸は大きく分けて乳腺と乳腺脂肪体で形成されている。
乳腺は母乳を分泌する器官で、乳腺脂肪体は乳腺を保護してバストの大きさや形、張り、柔らかさに関わってくる。
つまり、乳腺が多いほど胸はたれにくいが、日本人女性の胸は外国人女性の胸に比べて乳腺が少ないため、日本人女性の胸は垂れやすい脂肪質の胸だと言われている。

この胸の垂れ下がりを改善するためには、乳腺を刺激する必要がある。
バストアップの方法としては、正しい姿勢を維持する、胸をマッサージする、食事に良質なたんぱく質を取り入れるなど様々な方法があるが、最も重要なことはこれらの方法を経て女性ホルモンの分泌を促すということである。
女性ホルモンこそ乳腺を成長するために最も必要なものなのである。

乳腺を成長するために必要な女性ホルモン。
最近では、大豆イソフラボンが女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをすることで非常に注目されている。

バストアップのためにイソフラボンを利用して女性ホルモンを増やす方法として、バストアップクリームが流行している。
このバストアップクリームには、女性ホルモンの分泌を促す効果が期待される。
市販されているバストアップクリームには、様々な成分が配合されているので、イソフラボンが配合されているかどうか、しっかりと確認してから購入したい。

このイソフラボン配合のバストアップクリームを使用し、マッサージを行うことで、血行がよくなる
そうすると、バストアップに必要な栄養やホルモンをスムーズに運び、効率よくバストアップすることが出来る。
イソフラボンを含むバストアップクリームを使用するほか、大豆製品を積極的に接種するなど、食事からも取り入れることで、より体内の女性ホルモンは増加する。
体の外からも中からもイソフラボンを接種し、魅力的な女性を目指していきたい。